風邪の「ひきはじめ」で完治させる方法。

「風邪はひきはじめが肝心」ということは古くから言われていることです。
風邪は通常、ひきはじめだとせきや鼻水といったような軽い症状しか出ないことがほとんどです。

 

なかにはひきはじめから高熱がでるようなウイルスもありますが、
そういった状態は特殊なものと考えるべきでしょう。

 

風邪のウイルスが体内に侵入して間もない「ひきはじめ」の時期には、
しっかりとした対処を取ることで早い段階の完治ができる場合があるのです。

 

では風邪をひきはじめで完治させる方法として重要なことは何かというと「体温を上げる」ということです。
人間の体には様々な免疫機能が存在しており、ウイルスや最近などに対抗できるようなシステムがつくられています。
しかし免疫機能は常に完全に動作しているというわけではなく、その時々の体温に応じて変化しています。

 

体温が1度下がると免疫力は体温が下がる前より30%低下することになりますが、
1度上昇させるだけで上昇前の5倍まで機能を引き上げることができるのです。

 

冬場や季節の変わり目に風邪をひきやすいというのは、この体温の変化による免疫機能の低下が原因です。
つまり風邪のひきはじめにはお風呂にゆっくりとつかり、体温を上げた後に湯冷めしないような格好で体温を保ち、
暖かい布団の中で眠ることで高い抵抗力を持った状態で風邪のウイルスに対抗できるようになるのです。

 

お風呂以外であれば熱い緑茶や紅茶などを飲んだり、ショウガやシナモンのようなスパイスをきかせた
食べ物を食べることで体温を高くすることも対抗策として非常に有効です。

 

また万が一症状が悪化したときに備えて、おかゆなどの消化によいものを食べることで
消化器官が使用するエネルギーを減らし、抵抗力を発揮するために必要なエネルギーを
残しておくということも良いでしょう。

とはいえ最も良い対策は「風邪をひかない」ということなのは間違いありませんから、
日ごろから健康管理には気をつけて、手洗い、うがい、マスクの着用などの予防をしっかり行うように心がけましょう。

 

風邪を引いた時のお風呂はどうするべき?

風邪を引いてしまうとその人は完治するまで非常に辛い時間を過ごすこととなります。
もちろんその風邪の種類によって症状は異なってくるのですが、

健康なときよりも元気になったというようなことはありえないことでしょう。

風邪を引いている間は早く完治させるために様々なポイントに注意をすることが必要になってきます。
しかしなかでも多くの人が気になるのが「お風呂」です。

熱が出ているときなどは汗をかきやすくなっていますから、

なるべくであればお風呂に入ることで体の汗を流したいと思うことでしょう。
では風邪を引いているときのお風呂はどうするべきなのかと言うと、これは医師によって主張が様々です。

 

風呂

 

「全く問題ない」というような医師もいれば「絶対に控えるべき」というような医師もおり、定説とされるものがないのです。
これは風邪を引いているときにお風呂に入るということに関する疫学的な研究が不足しているということが原因ですが、

昨今では「高熱が出ていないのであれば入浴は問題ない」とするのが一般的になりつつあります。

お風呂に入ると体が温まり、血行がよくなるわけですから、これによって体の新陳代謝が盛んになり、

免疫機能の強化が期待できるというのがその理由です。

加えて汗をかいた体はあまり清潔なものではありませんので、汗を流すことで体を清潔に保ち、

より気持ちよく休息をとることができるようになるという効果も期待されています。

38度を越える高熱が出ている場合だとお風呂で体力を消耗してしまうというデメリットのほうが大きくなるために控えるべきとされますが、

37度前後程度の発熱であればぬるめのお湯につかるのはかえって治療に効果的といえるのです。

 

とはいえ入浴は運動と同様に体力を大きく消耗する行為でもあります。
体が真っ赤になるまで入浴をしてしまうと、風邪に対抗するための体力を失ってしまい、

症状が悪化するということにもつながってしまいかねませんので、

風邪を引いているあいだは「ぬるめのお湯」で「長風呂をしない」ということに注意するように心がけましょう。

 

風邪をひいたときの良く効く食事

風邪をひいたとき、冷たいものが食べたくなったり、飲みたくなったりなります。
体中が熱いのでそれは当り前の事になってきてしまいますが、しかし食べてしまうと、胃腸にダイレクトにダメージが行きます。
言いかえると、治るのが遅くなり、腹を壊しやすくなる、ということです。

ですので、風邪のときの食事は、なるべく温かいものを摂るようにすることが大切です。
その温かいものの中でも特に、流動食。
あまり、食欲がなくても基本流しこんでいくだけなので比較的食べやすいです。

それ以外にも、消化がいいものがいいです。
消化がいいものといえば、うどん。
胃腸へのダメージが少ないので、おいしくいただけます。

 

うどん

 

うどんを料理する際、ねぎや生姜を入れるといいです。
ねぎには新陳代謝を良くさせる効能があり、これを食事に取り入れることによって、風邪の治りが早くなるのを感じられます。
生姜には体温上昇といった良く知られる効能のほかに、痰が出なくなったりせきが出なくなったりと様々なものがあります。
風邪をひいたときには、鉄板の食材たちです。

他に消化が良くて風邪のときに役立ってくれる食材といえば、卵です。
そして卵を使った食事で最も風邪に効くものと言えば卵酒です。
卵酒は、名の通り卵と酒を混ぜて作るもので、血液の循環や、鼻づまりが治り呼吸し易くなる、などといった効能があります。
作り方は簡単で、ボウルに卵と砂糖を入れてかき混ぜたものに、お酒を加えながらかき混ぜるだけです。

アルコールがあるから未成年はダメなのでは、なんて心配は不必要です。
作っていく際にアルコールが飛んでいくので、気にする必要もありません。
ですがやはり、あまりの高熱の方や酒に弱かったりする方は控えたほうがいいです。

風邪をひきやすい、ということは免疫が弱い、ということです。
免疫力を養うために必要な栄養分はビタミンCが代表的です。
このビタミンCを摂る事が出来る食事を常に意識すると風邪はひきにくくなります。

 

日常の中で風邪を予防する方法とは。

人間は生きていれば、必ず一度は体調を崩すことがあるものです。
どれだけ警戒をしていても風邪を引いてしまったり、それが原因でより重い病気になってしまったりということがあります。
そうした病気をしてしまったというような場合には病院を受診することでほとんどの場合は対応することができますが、なるべくであれば普段から気をつけることで、風邪を予防したいものです。

では日常でできる風邪予防として効果的な方法は何なのでしょうか。
まず何よりも効果的になるのが「マスク」を使用するということです。
一般のホームセンターや薬局で販売されているマスクは完全にウイルスをシャットアウトできるというわけではありませんが、公共交通機関やエレベーターの中、教室やオフィスの中など複数の人が集まる場でマスクを着用すると、風邪を引くリスクは格段に引き下げられることとなります。

 

実際にはマスクを着用してもマスクと顔の間から1~2割程度の空気を吸い込んでいるということになるのですが、マスクと顔の間は呼気で湿度が保たれているため、ウイルスが体内に侵入する場合でも、格段にウイルスの働きを弱めることができるのです。

 

出産後、授乳中の女性は、風邪をひくと風邪薬を飲むわけにはいかないので特に風邪には注意をしないといけません。

 

風邪の女性

 

同様に効果的な風邪予防となるのがうがいです。
風邪の原因となるウイルスが体に侵攻するスピードは非常に速いものであるため、数時間の外出で体内に入ってきたウイルスを全て洗い流すということは現実的には不可能です。

 

しかしながらのどに水を通し、それを吐き出すということには口からのどにかけて存在するウイルスを洗い流すという効果があります。

これによって唾や唾液などに含まれるウイルスの量は格段に減少することになりますから、屋内などで家族にウイルスを感染させてしまうというリスクは大きく低下するでしょう。

 

風邪の予防に必要なことは、これらのことを「流行の時期」だけ行うということではありません。
ウイルスはどのような季節であっても少なからず存在しているわけですから、一年を通じて習慣的に続けていくことが重要になって来るでしょう。